町田で遺品整理が安い業者の磁石の処分方法をご紹介!!

query_builder 2021/06/09
遺品整理
マグネット

 町田で最も安い遺品整理業者が行う磁石(マグネット)の処分方法    


壁面や冷蔵庫に貼りつけるマグネットやコンパス、マグネットシートなどがあります。    

よくポストに「水回りの修理110番」などと宣伝広告が書かれたマグネットが届いていませんか? 


あれも磁石製品です。 


また、ICカードやヘッドホン、ランドセルやブレスレットの留め具などに使われています。    

遺品整理や断捨離などの片付けの際に、どう処分していますか? 

小さいからといって燃えるゴミに混ぜていませんか?    


意外と処分方法に悩むと思います。 

この記事では、不要になった磁石(マグネット)の処分できる安い方法について遺品整理業者がご紹介致します。            


・町田市では何ゴミに分類する?    


処分する際に、一番最初に悩むのが分別でしょう。 

基本的には磁石単体は、「燃えないゴミ」に分類している自治体が多いです。

町田でも「不燃ゴミ」に該当します。


小さいからといって燃えるゴミに入れてはいけません。 

自治体によっては、危険物として扱うところもあります。 


ゴミ袋に入らないような大きいものは、粗大ゴミに分類されます。            


・燃えるゴミに出すと環境汚染の原因になる    


マグネットは様々な鉱石を原料にして作られています。 

そのため、燃えるゴミに出してしまうと環境汚染の原因になってしまう場合があります。    

また、資源としてリサイクルできるため、ルールに従って分別しましょう。    


・磁石が含まれている製品はどうする?    


このような製品が、一般家庭では悩んでしまうのではないでしょうか。


商品の一部として磁石が使われている物もあります。    

取り出せるものは取り外して分別しましょう。 


しかし、内蔵されていて取り出せない物は、そのままの状態で「燃えないゴミ」に分別しても良しとされています。    


マグネットシートやクレジットカード等の磁気を含んでいるカードは「燃えるゴミ」として処分することができます。 

自治体によって分別方法は様々ですので、分別する前に自治体のホームページやゴミ分別表などで確認しましょう。 


町田では、マグネットシートは「燃やせないゴミ」ですが、プラスチック製品のカードを廃棄するのに分別が、地域によって異なります。  

1~12番地区では、「燃やせるゴミ」、13番(小山ヶ丘)地区では、「燃やせないゴミ」となっています。


・処分方法    


ここからは、具体的な捨て方を遺品整理業者がご紹介していきます。

捨てられる手段として安いので、参考にしてみてください。             


①単品の場合    


磁石だけを処分する場合は、自治体の分別方法を確認し「燃えないゴミ」として出しましょう。    

決められたサイズ以上の磁石は、粗大ゴミ扱いとなりますので、粗大ゴミセンターに電話かネットで申し込みを行い、粗大ゴミ処理券を購入して指定日時に指定場所に出すか、直接粗大ゴミセンターに持ち込み処分しましょう。    


②付属品がある場合    


ホワイトボードに使われている物のように付属品が付いていたり、コーティングがされているものも多くあります。    

表面にプラスチックや金属がついていて、分解するのが難しい場合はそのまま「燃えないゴミ」に出しましょう。 


簡単に外せるものは、外して正しく分別しましょう。    


・捨てる際の注意点    


磁石は、分別のほかにも処分する際にも注意が必要です。    


そのままの状態でゴミ袋に入れてしまうと、ゴミ収集車に磁石がくっついてしまったり、磁気で包丁のような危険なゴミを吸い寄せてしまい町田のゴミ収集作業員をケガさせてしまう可能性もあるため、磁力を弱めたり古布などで包む必要があります。


1、磁石を新聞紙や古布で包む    


新聞紙や古布に包むことで、磁力を弱めることができます。    

磁力が強いタイプのものは、ブリキ製の缶に入れて処分すると、磁力を遮断することができます。    


2、一度に大量に捨てない    


一度に大量に出してしまうと、磁気が強くなってしまいます。    


計画を立てて、数回に分けてゴミの日に出しましょう。          


3、ネオジム磁石は発火に注意    


磁石の中に、ネオジム磁石という種類があります。    


ネオジムは特に強い力を持っています。 

強い磁力によって、勢い良くくっついてきた際に、ネオジム磁石が衝撃で粉々になってしまう場合があります。 

その粉々になったネオジム磁石が発火しやすい性質を持っているため、危険が伴います。    


そのため、処分する際にはネオジム磁石が他の物を引き寄せないように、紙や古布などに包んで単体で処分するなどの対策をしましょう。    


・まとめ    


ここまで、磁石(マグネット)の廃棄方法についてご紹介してきました。    


町田の分別ルールを確認することを前提として、「小さいから」または「分別が面倒だから」といった理由で「燃えるゴミ」に混ぜてはいけません。 

多くの自治体で「燃えないゴミ」として扱われているので、処分する際にも磁力を弱める対策が必要になります。 


その他にも、ネオジム磁石は発火する危険があるので、ゴミに出す際には細心の注意をしましょう。    

以上が、全て一般ゴミとして出せる手段になりますので、捨てることができる安い方法です。


遺品整理業者に依頼を考えている場合は、少しでも安い業者を求めているのならば、一般廃棄できるものはご自身で複数回に分けて出すと良いでしょう。

遺品の整理が必要な際は、お気軽にお問い合わせください。

NEW

  • 町田の遺品整理で積み放題を行い、不要な小型家電を一度に回収致します。

    query_builder 2021/06/16
  • 町田の遺品整理で出た物を買取いたします!ディスプレイモニター査定強化中!!

    query_builder 2021/06/15
  • 相模原市緑区の便利屋!買取査定も行っています。

    query_builder 2021/06/14
  • 町田の遺品整理業者が丁寧に解説!テレビ台の処分の仕方!!

    query_builder 2021/06/13
  • 高齢者の相談所なら地域包括支援センター!!

    query_builder 2021/06/12

CATEGORY

ARCHIVE