相模原市緑区の便利屋に生前整理もお任せください!買取金額10%アップ!!

query_builder 2021/07/13
便利屋
茶道具の生前整理

 相模原市緑区で便利屋を利用して生前整理を始めませんか?    


まず初めに生前整理とは、生前のうちに死後のことを考えて身辺や財産の整理をすることをいい、近年は20代や30代といった若い世代の方も利用し始めている「終活」のひとつです。


元気なうちに身辺の整理する場合は「老前整理」とも呼ばれ、事故や災害によって急に命を落とす可能性は、誰しもが持っているので、亡くなった後のことを考えて身の周りを整えておくには「早い、遅い」はありません。

そのため、1時間から利用できる便利屋を利用して始める方もいます。 

    


・生前整理の目的  


生前整理をする最大の目的は、亡くなったあと家族に迷惑をかけないためです。

 

何の準備もなく、亡くなった方の遺品整理をするのは、便利屋業務として行っている業者でも重労働に感じるため、一般の人には想像以上に身体的にも精神的にも大変なことです。


近年は超高齢化社会によって単身世帯の高齢者が増加しており、生前の膨大な遺品の山を片付けるのは親族だけで対応できる規模ではありません。

実際に、遺品整理に携わったことのある人は、皆さん口を揃えて「二度とやりたくない」「もっと早く業者に任せればよかった」と言うほどです。

そういった背景から家族を想い、相模原市緑区でも生前整理を便利屋に頼む人が増えてきています。    



・生前整理はいつから?    


はじめに、生前整理を始める年齢やタイミングに正解はありません。

相模原市緑区で便利屋サービス行うなかで、ご利用いただいたお客様から「そろそろ生前整理も始めたほうが良いかしら」と御相談いただきことがありますが、何歳から始めてもよいということです。


一般的に50代から少しづつ意識し始め、60代や70代になってから本格的に開始する方が多くいます。 



大切なのは、自分で動けるうちに行うことです。 

なかには、家族にも見られたら恥ずかしいものがある人もいます。

動けるうちなら、見られずに処分などすることができます。


家族に生前整理を手伝ってもらったが「残しておきたかった物を捨てられた」「言いくるめられて処分したけど後悔が残っている」とならないように、ご自身で行うのが良いでしょう。    


・子供が家を出たタイミング 


就職や結婚などにより子供が家を出た時期に、生前整理を始める1つのタイミングです。同居していない遺族が遺品整理を行うのは、どこに何があるか分からないですし、遺族も故人が大切にしていたものが分からないため、扱い方に迷ってしまうため負担が大きくなってしまいます。 

そのため、子供が家を出たタイミングで、生前整理を始めておけば家族は対応しやすくなりますし、子供の部屋は子供自身に整理してもらうようにすれば、少しご自身で行う負担が減ることでしょう。     


・70歳の生前整理 


70歳を区切りに行うのも良いでしょう。

70歳を過ぎたあたりから身体に不具合が見え始め、自力で生活が困難になる人が増えてきます。

生前整理は自力で行うことが大切なので、平均寿命年齢の一歩手前である70歳を迎えたタイミングで、生前整理に向き合うと良いと思います。


1時間から利用できる便利屋を利用し、作業の手助けを行ってもらうことでスムーズに進むことでしょう。


・まとめ


何から始めて良いか分からない方は、始めに不用品処分から始めましょう。


どこに何があるか分からない状態では、何も整理できません。

ある程度、ご自身でどこに何があるか分かる状態にすることから始めると良いでしょう。


相模原市緑区なら、当社が不用品の買取から仕分け、処分までお手伝いいたします。

ユーティリティーサービスの便利屋サービスを利用して生前整理を始めましょう。

御依頼いただいた方には、エンディングノートを無料配布しておりますので、ご活用してください。

   

NEW

  • 相模原市緑区で車用バッテリーの処分方法と費用!

    query_builder 2021/09/28
  • 相模原市緑区で新品未使用の買取を出張査定します!

    query_builder 2021/09/21
  • 相模原市緑区でパソコンモニターの無料回収・処分ならお任せください!

    query_builder 2021/09/14
  • 相模原市緑区でゲーミングチェアの処分方法と費用

    query_builder 2021/09/12
  • 相模原市緑区での食器棚の処分方法と費用!

    query_builder 2021/09/09

CATEGORY

ARCHIVE